磨き残しがないようにするために

歯の磨き残しを出さないためのポイント

歯磨きには十分注意してるし、丁寧に磨いているつもりなのに、歯垢がたまっていたり、むし歯ができたりしてしまう・・・ということもよくあります。

自分ではきちんと磨いているつもりでも、やはり磨き残しがあったりするのだと思います。

では、磨き残しがないようにするポイントやコツはあるのでしょうか?

歯磨きは、ゴシゴシと汚れがとれるようにひたすら磨くだけでは歯ぐきを傷つけてしまったり、歯に負担をかけてしまったりするので、強すぎない力で磨きましょう。

1本1本磨くイメージがポイントですね。

特に歯並びが悪い部分があったりすると、他の歯と同様の磨き方ではきちんと磨くことができません。自分の歯の状況をしっかりと把握し、歯ブラシが当たりにくいところは特に丁寧に磨きましょう。

細かなところを磨くためにも、小さめの歯ブラシの方が磨きやすいかもしれませんね。

歯の内側や歯と歯の間、歯と歯茎の間も磨き残しがよくある場所です。鏡を見ながら磨き残しがないようにしましょう。

また、磨く順番を決めておくのもいいですね。どこから始めてもかまわないのですが、毎日同じ順番で磨くことによって無意識に「磨き残し」を防ぐことができます。毎日バラバラだと実は右奥が磨けていなかった・・・なんてこともありますからね。

しっかりと歯垢のケアをするためには磨き残しがわかる液体もあります。歯を磨いたあとに利用するのですが、歯垢が残っているところに色がつきますので、磨き残しの正確なチェックができます。

歯医者さんにもありますし、ドラッグストアなどにもありますので、ぜひ一度試してみてください。自分の歯磨きのクセなどもわかってきますよ。

おすすめホワイトニング用・歯磨き粉について

トゥースメディカルホワイトは黄ばみ・汚れを除去するためのアイテムです。
歯磨きをしっかりしていても黄ばんだ歯は見栄えのいいものではありませんよね。
歯をきれいにしようとゴシゴシ磨いていては歯の表面を傷つけてしまい、もっとダメージを与えてしまうこともあります。

トゥースメディカルホワイトは無理やり汚れを削り落すのではなく、歯を削らずに無理なく黄ばみを落としていくことができます。


>「トゥースメディカルホワイト」のホームページへ