歯の黄ばみができる原因って?

歯の部分に「黄ばみ」や汚れができるのはなぜ?

歯の黄ばみができる原因はいくつかあります。まずは母親が妊娠中、新生児時期、乳幼児時期にテトラサイクリンという、抗生物質服用した副作用で変色してしまうことがあるそうです。

他にも、むし歯や大きな病気などでも歯が黄ばんでしまったりします。このように、身体の内側から原因が起きている場合は、毎日の歯磨き程度ではなかなかきれいにはならないですね。

よくありがちな「歯のきばみ」は外からの汚れです。

歯磨きがきちんとされていない場合は、どんどん汚れがたまってしまい黄ばんでしまいますし、毎日の習慣でお茶やコーヒーなどをよく飲む人は、お茶やコーヒーに含まれている色素が歯につきやすいので、しっかり落とすように磨かなければいけませんね。

喫煙者の方はたばこのヤニも歯の黄ばみの原因になります。自分でしっかりケアしていれば外側からの汚れは落ちますが、落としきれていないことが続くと普通の歯磨きだけできれいにするのは難しくなりますね。

歯の黄ばみができる原因はいろいろあるので、自分の歯が気になる場合は日頃からしっかり歯を磨いたり、自宅でできるホワイトニングなどをしてみるといいかもしれません。

それでも改善できない、原因がわからない、という方は歯医者さんで相談してみましょう。歯が黄ばんでいるのと白いのとでは顔の印象も違ってきますからね。

おすすめホワイトニング用・歯磨き粉について

トゥースメディカルホワイト本来の白い歯を取り戻すために、プロである歯科医も愛用しているアイテムです。
歯磨きをしっかりしていても黄ばんだ歯は見栄えのいいものではありませんよね。
歯をきれいにしようとゴシゴシ磨いていては歯の表面を傷つけてしまい、もっとダメージを与えてしまうこともあります。トゥースメディカルホワイトは無理やり汚れを削り落すのではなく、歯を削らずに無理なく落としていくことができますし、頑固な汚れがまた付着してしまうのを長時間に渡って防止する効果もあるようです。
口コミでも大人気で3秒に1個売れているとも言われているようですね。

>「トゥースメディカルホワイト」のホームページへ